スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エブリデイヤングライフ・・・


ジュ!ネ!ス! じゃなくて


ジャスコに家族で行って買い物してました。


楽器屋行ってウロウロして、ギター見てたら


店員さん「よろしければ弾いてくださって結構ですよ^^」


僕「あぁ・・はい・・。」


と、話しかけられた。


そうかー、ギター弾くように見えたのかなー、嬉しいなー と思う反面


いや・・俺・・まだマジ初心者なんで弾くとか・・・甚だおこがましいっていうか・・・もうホント申し訳ありませんです・・・。


って感じでうれしはずかし状態でした。



そんで本屋さんに行って3月のライオンを親にねだって買ってもらいました。


sangatunoraion.jpg


「ハチミツとクローバー」の作者さんなんですが、今回この「3月のライオン」では現役高校生のプロ棋士の男の子が主人公です。


3姉妹の住む家の暖かさがとても魅力的です。もうヤダやめて、現実つらくなるわっ!って感じの良い人たちばかりです。


3姉妹も魅力的ですが、主人公の親友兼好敵手(自称)の棋士のぽっちゃりした子もいいです。


まさに共に高めあう友。あれ・・・何か僕の友達って皆一緒にだんだんと奈落の底へと歩んで・・・・気のせいよね、そうよね・・。






↑ までの感想と言うかなんというかを改めて自分で見ると僕は相変わらず自分の感じたことを言葉にするのが苦手だな・・・・。


でも ○○が~~だからーーです。 とは言いたくないのかな。


そんな1+1だから2です。っていうのが感想だとは思わないんだよなぁ。


分かりにくいだろうけどこういう根拠で導き出されたから結果こういう風になる。というのは感情とか感動とは違うと思う、いや思いたい。


「この漫画は狙って感動させようとしてるから嫌だ。」


というのじゃないと思う。あー、でも合ってるのかな分かんないな。


それを読んだ人がどう生きてきたかによって捉え方が違うとは思う。


ようは(1+3-5+・・・・・(ry )+1+1=? なんだよ。
    ↑
このかっこのところが今までの人生、答えは2だとは限らないでしょ?


まぁそもそも1+1にもならないのかもしれないけど・・・。


うん、よく分かんないな、これ。残念ながら自分でもよく分からんwwww





あと個人的にむかつく質問


「ねぇ、ワタシのどこが好き?」


おめーだから好きなんだよ。


 
スポンサーサイト

どうする?

まずは、有川浩さんの新作「植物図鑑」を買ってきました。

植物図鑑


女子のための携帯小説サイトからの出版らしいですwwwwwwwwwwww


まぁ恋愛小説ばっか読んでるような男子はあんまりいないと思うけどさ・・・・。


いや、だって恋してーじゃん!疑似体験じゃん!


ほら、恋愛小説読むことで、恋愛スキルもあがr・・・・あがらないかwww


まぁこれぐらいにして 植物図鑑なんですが


何というか有川さんからの世間に対する草食系男子とかいうものに対する皮肉みたいにも感じますが、うん。


本の名前のとおり今回は草花の話と恋愛の話五分五分というか・・・むしろ草花の話のほうが多かったんじゃないかってぐらい草花のことが書かれています。


しかし!これぞ有川さんの真骨頂!その分薄いかと思われた恋愛成分!


やっぱり甘いよ有川さん!ベタ甘というか、もう語彙が足りない。


恋愛小説では甘党かもね、僕は。


僕が男からの目線で近作のヒロインの良い所をあげるとしたら、


やっぱり何か男がする時に一緒に楽しんでくれる。ってところかな。


自分が何かを楽しんでいてもやっぱり女の子も「楽しそうだね。」とかそういう言葉じゃなくて、一緒に楽しんでくれたり、自分も楽しもうとしてくれるそういう努力。そういうところにすごく愛しさを感じるよね。


現実の恋愛でも好きな人が一緒の趣味とは限らない、趣味が合うから付き合うって人も居るかもしれないけど好きになってしまうのはそういうことからばかりではない。


そういうときに大事なのが「一緒に楽しもうとする。」ってことだと思う。


恋愛って互いにもっと好きになる努力が必要なのかもね。




とまぁ本の感想のはずが恋愛談義っぽくなってしまいましたが、ここ最近の僕はと言うと・・・。


相変わらず文化祭の準備とかで内田さんとは仲が良いのですが(進展しないけどね!)、この前内田さんたちと買出しに行こうと学校の玄関を出たとき。


Mさん「有紀くーん!!!」


と女子が玄関から走って追いかけてきまして


僕「どうしたの?」


と僕が言うと


Mさん「いや、あの・・・メルアド教えてもらいたいなーって・・・。」


と、Mさんは文化祭では違うパートなのでメルアド教える必要もなかったのですが、まぁそこは追求するのも野暮だし普通に


僕「うん、いいよー。」


とメルアドを教えて


Mさん「ありがとー!」


僕「いえいえー」


てな感じで


メールをし始めた次第なのですが・・・・。


これは・・・そういうことか?


昨日も


「補習お疲れーvべんきょー中かな?今メールしても大丈夫?」


と、特に用事もないのに2時ぐらいまでメールしてたんですが・・・。


ぅーん・・・。他の男子とも交流ないみたいだし・・・・。


・・・・・。





ははは、いや困った困った。


おしまい。

感想

books.jpg


偽物語(下)


今回はちょっと会話部分の質が落ちたかなとも思ったけど、それでも十分面白かったです。

そして、本のなかに挟まっていたアニメ「化物語」のキャラ設定画に絶望した。

僕としては暦はもうちょい中性的なもっと女の子っぽい顔立ちだと思ったんだけどなぁ。

もう原作だけで4冊読んでるからイメージが固定されててなかなか受け入れられません・・・。

そして問題なのは忍野メメ・・・・・。

だれだよこいつ・・・・・。

ちょっとこれでアニメ見るかどうか悩みどころになってきましたねぇ・・・。

そして原作のほうは

これで終わりか残念だなぁ・・・・と思って後ろのほうを見たら続刊でるって・・・・。

八九寺と羽川の話をやるそうで、解決されてない問題もあるしやらないかなぁって思ってたから嬉しいです。



変ゼミ


うーん・・・今回も変態ばかりですなぁ。

今回の見所はやっぱりヤンキーあがりの加藤さんですね。

それと乳首の話には共感した。



あめのちはれ


これは性転換ものです。

男ならこういうの妄想しない?するだろ? ぇ? いやwwwwするでしょwwwwww

始まり方は上々ですが、この後の展開しだいでどう転ぶかですねー。

僕の予想としては主人公の弟がブラコンで、女性化した兄にときめく という展開でFA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。